Q&A - Frequently asked questions -

仕事に関する質問

お休みはいつあるのですか?また、スタッフの方は休みの日は主に何をしているのですか?
お休みは月に8回です。休日がいつになるかは、配属部署により異なります。毎月シフトを組んで休日を決めています。また、休日の過ごし方は、各社員それぞれだと思いますが、各部署毎にダイビングやスノボ、ライブ等みんなで遊びに行っているようですよ。
賞与はあるのですか?
あります。利益が出たら社員に還元するという決算賞与を出しています。
所属部署はいつ決まるのですか?
基本的には4月入社後に決定します。但し、これまでの研修やこれから実施予定の様々な研修(ダイビングやビジネス研修等)を通して、皆さんの意気込みや適性を見させていただきます。 ですので、存分に自分のやりたいことをアピールして下さい。
交通費は出るのですか?
自宅から配属部署までの定期代と仕事の上で発生した交通費は全て支給されます。(※通勤交通費については上限があります)
お給料はいつ貰えるのですか?
給料は毎月月末締めの翌月15日支給になります。つまり、4月に入社された場合のお給料は5月15日からの支給になります。
ダイビングの経験がないのですが大丈夫ですか?
現在働いているスタッフのほとんどが、学生時代はダイビングの未経験者ばかりでした。インストラクターに関わらず、全社員がダイビングライセンスを取得する制度があります。今から始めるからこそ気づけるものを、これから始めるお客様に伝えていって下さい。
器材を購入する場合はどうすれば良いですか?
人事部に申し出てください。より詳しい器材の説明を聞きたい場合は、インストラクターやショップスタッフに聞くことも出来ます。社員割引もあります。
入社するまでの間に、ダイビングツアーに参加することはできますか?
参加していただいて結構です。詳しくは人事部までご相談下さい。
入社後、ダイビングツアーに参加できますか?
もちろん参加できます。自分で企画してお客様と一緒にツアーに行ったり、スタッフ同士でスキルアップのため海に行くこともあります。
運転免許は必要ですか?
インストラクターを希望される場合は必須です。

ダイビングに関する質問

ライセンスがないと潜れないのですか?
実はライセンスを持たずにダイビングを行っても逮捕はされません。そもそもダイビングライセンスというものは、ただ単にこの団体の講習を受けましたよ、という証明書にすぎません。つまり、公的な証明書でも何でもありません。 しかし、現地のショップでタンクを借りる際にライセンスの提示が義務付けられていますので、実際にはライセンスがないとダイビングは出来なくなってしまします。 ちなみに、現在ダイビングをする際に自分でタンクを購入し、持ち歩く人はいません。 現地で借りるのが当たり前になっています。
体力に自信がないのですが、大丈夫ですか?
ダイビング器材はフル装備で約15kgあり、実はかなり重いです。特に小柄な女性やご年配の方には陸を歩く際、正直辛く感じられるかもしれません。また、ポイントによっては流れの強いところを移動しなければならない場合もあります。もし、体力に自信がない場合は、事前にインストラクターに相談しましょう。 但し、水中に入ってしまえば浮力の関係でまったくと言っていいほど器材の重さを感じることはありませんし、インストラクターもその人の経験や体力を考慮した上で、ダイビングポイントを選びますので、自分にあったダイビングスタイルを探してみよう。勿論、インストラクター希望の人は体力をつける努力は当然必要になるでしょうね。
目が悪いのですが、コンタクトをしたままでダイビングはできるのですか?
安全上当店ではコンタクトは外して、オプチカルレンズという「度付きのマスク」を使用してダイビングをします。
泳げないのですが、本当に大丈夫ですか?
ダイビングをするだけならば全く問題はありません。BCジャケットなどの器材がサポートしてくれます。 但し、インストラクターを目指す場合、人の命を預かる仕事ですから、当然泳げるようになるまで訓練はします。現在インストラクターで活躍しているスタッフの中にも泳げなかった者もいます。「絶対なってやる」という強い意志と努力が必要でしょう。また、その点はお客さまとスタッフの違いでしょうね。
真冬でもダイビングはできるのですか?
全く問題なく出来ます。冬場はドライスーツという「冬用のスーツ」を着てダイビングをします。このスーツは水を通さず、保温性にも優れています。夏の海しか知らない方は、早く冬の海の素晴らしさも体感してくださいね。

Live Sympathyで働こう!

PAGE TOP